防水工事

一戸建て住宅やマンション、ビルなど、その種類を問わず建物には防水加工が施されており、雨や湿気などの水分から守られています。
しかし、防水効果は永遠に続くものではなく、雨風や紫外線、外部からの衝撃により徐々に劣化していきます。

防水効果が劣化したままにしていると、やがて建物内部に水分が侵入し、雨漏りや躯体部分の腐食が起き、最悪の場合には建て替えが必要になることもあります。
こうした事態を防ぐためにも小まめにベランダや屋上の状態を確認しておくことが大切です。

 

防水工事の種類

□塩ビシート防水
施工には高い技術を要するため、施工できる業者は限られます。
防水シートを下地に貼り付けて防水膜を形成するため、既存の防水材に被せて施工することができます。

【メリット】
・耐候性、メンテナンス性が高い
・既存の防水層の上から施工可能
・短工期
・軽量


□ゴムシート防水
伸縮性のあるゴムシートを貼り付けて防水膜を形成します。
耐候性、メンテナンス性に優れているため、長期間使いたい場合におすすめの施工方法です。

【メリット】
・伸縮性、耐候性が高い
・低コスト
・短工期
・軽量


□ウレタン防水
液状のウレタン樹脂を表面に塗布し、ゴム状の防水膜を形成します。
凹凸のある箇所でも継ぎ目のない、美しい防水層を形成できる優れた施工性を持つため、広く普及しています。

【メリット】
・継ぎ目がなく仕上がりが美しい
・凹凸のある場所でも施工可能
・既存の防水層の種類を選ばず、環境に優しい
・低コスト
・軽量


□FRP防水
ガラス繊維などの強化材で補強されたプラスチックで防水膜を形成します。
強度や耐水性、成形性に優れているため、近年急速にシェアを伸ばしている防水工法です。

【メリット】
・継ぎ目のない美しい仕上がり
・強度、軽さ、耐水性、耐熱性、耐久性が高い
・トップコートのバリエーションが豊富
・重歩行や車両の走行も可能
・短工期


□アスファルト防水
アスファルトを合成繊維にコーティングしたシート状の素材を貼り重ねる防水工法です。
水密性や耐久性に優れているため、長期間安定した防水性能を発揮します。

【メリット】
・歴史が長く、信頼性が高い
・水密性、耐久性が高い
・耐久年数が長い
・均質な防水層をつくることができる
・歩行可能

一覧ページに戻る