外壁塗装

外壁を定期的に塗装することで、住まいの寿命が延びる他にも美観を保つことができます。

「費用がかさむし忙しい」、
「まだ塗り替える必要はないだろう」、
と外壁をそのままにしている方は多くいらっしゃいます。

ここでは外壁塗装をしないままにしておくことで、どのようなことが起こるのかをご紹介します。

 

外壁塗装をしないとどうなる?

【症状1】防水効果の低下
塗装面が外壁材の表面をコーティングすることで、雨や湿気といった水分を弾いています。
防水効果が低下すると、含水率が高まり、コケやカビが発生しやすい状態になります。

【症状2】ひび割れの発生
低下した防水効果をそのままにしていることで表面塗膜は剥がれ、外壁材の耐久性は落ちてしまいます。
そして表面にひび割れが発生し、水分が建物内部に入りやすい状態になります。

【症状3】外壁内部の劣化
ひび割れが発生すれば、そこから水分が建物内部に侵入し、下地や躯体を劣化・腐食させます。
腐食が進むと、外壁材の落下を招く恐れがあり大変危険です。

このような状態になると、雨や湿気の影響を直接受けることになり、雨漏りやシロアリの発生の原因にもなります。被害が大きくなると、大規模な改修が必要になる場合もあります。

こうした事態を避けるためにも、症状の軽い内に塗り替えを行いましょう。

 

外壁のセルフチェック!こんな症状はありませんか?

□色あせ
□ひび割れ
□触れると白い粉がつく
□塗装の膨れ
□塗装の剥がれ・めくれ
□コケ・カビ
□雨漏り

このような症状がないか、ご自身でご確認ください。
もし当てはまる項目があれば、塗り替えの時期に来ていますので、お早めに当社までご依頼ください。

一覧ページに戻る